Uncertain Odyssey


世界叙情記
by crescentadv
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

少年たちの未来

久しぶりに更新。恥ずかしながら、まったく忘れていた。けれど、ブログという情報発信の場を持っている以上、活用し続けないともったいないと思った。

 で、相変わらずパレスチナ。現地の状況は悪化する一方で、あまり明るい材料はないようだけれど、人々は普通の生活を送ろうと努力している。これだけ厳しい中でも、彼らの人間としての尊厳や倫理は失われていないというのは、驚嘆に値すると思う。これがもし日本だったら、社会は崩壊しているかもしれない。
 最近は、ガザに行くことが多いのだが、今回は昨年夏のガザの写真。夕暮れのシャティキャンプでは、人々が家々から出てきて、海を望む場所で思い思いに過ごしていることが多い。家族や友人と話し込んだり、漁師が網の手入れをしたり、釣りをしたり、子供たちが水遊びをしたり云々。日中の暑さも和らいできて、一日のうちで一番過ごしやすい時間でもある。この少年も、小さな弟や妹を仕切って、家の近所で遊んでいた。彼の宝物である自転車に乗り、楽しそうに目を輝かすさまは、見ていても気分が和む。彼の態度の落ち着き払った大人びた雰囲気は、パレスチナ人の少年たちの多くに共通するものだが、この彼もそういう点では非常に堂々としていた。
 夕日を浴びて遠くを見つめる彼の瞳には、生き生きとした生への渇望と、不確かな未来への大いなる希望が見え隠れしていたように思う。パレスチナの状況がどんなに悪くなろうとも、このような若者が育っていく環境があるかぎり、希望は常にあると私は思う。
a0064854_19282251.gif

[PR]

# by crescentadv | 2006-11-19 19:28 | パレスチナ