Uncertain Odyssey


世界叙情記
by crescentadv
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

サマーワのカフェにて

連日の流血事件にもう感覚も麻痺してしまっているイラクの情勢だが、元来彼の地は静かな穏やかな自然と人々の暮らし、それにゆったりとした時の流れる地である。歴史的にも、かつてチグリス、ユーフラテスの偉大なる文明が栄えた頃、学問や芸術の高度な結晶を生み出したのも、そういったある種優雅な人々の暮らしと文化があったからこそだと思う。
 戦争や興味本位のニュースからは、もういい加減に足を洗ってもいいころだ。そういう報道には、多くの人が飽き飽きしているし、そういう報道の影響で、真実はより見えなくなっている。サマーワという、イラクの片田舎の街は、もし自衛隊が行かなければ永久に日本人に知られることもなかっただろう、そんな辺鄙なところである。バグダッドのような都市でもなく、今の戦争やテロなどの舞台になることもなく、人々は戦争の後遺症であるインフラの破壊などに不便な思いをしながらも、平穏に静かに生きている。
 昨年サマーワを訪れたとき、人々は戦争も自衛隊も関係なく、それぞれの暮らしに没入していた。夕暮れのカフェには、伝統的なアラブの衣装ガラビーヤを来た人々が集い、静かにお茶を飲んでいた。家族のことや気候や家畜のこと、お祭りなどの行事のことなどを語り合い、お互いの健康を祝し、のんびりと過ごす時間。なんと素晴らしい一時だろうか。こういうのが、本来の人間的な暮らしだと思う。世界を覆う様々な問題に、巻き込まれてはいるのだが、そんなことはどこ吹く風、まるで時間が逆戻りしているかのようなその場の空気に、私はしばし彼らを見つめ、ほとんど撮影もせずに、傍らで煙草を吸っていた。そんな素晴らしい時間。素朴な人々の生活。それがなんとも心地良い。今年ももう終わりだが、来年はイラクはじめ、紛争が続く世界各地に少しでも平穏な日々が戻ってきて欲しいと願う。不条理な戦いとそれによる死。そういうことは起こらないにこしたことはないのだから。
a0064854_22401123.gif

[PR]

by crescentadv | 2005-12-30 22:40 | イラク
<< 路上の光景 悠久の砂漠にて >>